怒りの感情爆発的なエネルギーであり、上手く使いこなせる人生の起爆剤になります。

怒りの感情をコントロールして、上手く使いこなすコツを僕はノートに書き溜めてきました。

僕の人生ノート
僕の人生ノートには、こう書かれています。

この記事を書いた僕のプロフィールはコチラ→10年で1億稼ぎ30代でうつ病→専業主夫になった【僕のノート】プロフィール

追記!退職届を出して理解した怒りを抑圧するデメリット

うつ病

僕は30代にして、うつ病になり、失業してしまいました。

当時の過酷すぎる状況は以下の記事が詳しいです。

連鎖退職で辞められない地獄【僕の経験談】まともな人から辞めていく!その後

【実話】仕事でうつ病になって退職するまでの流れ!僕の実体験とその後

僕の人生ノート僕の人生ノート

うつ病と診断される前に、退職届を出したんだけど・・


モルディブ

僕は退職届を出した後も、会社を辞めさせてもらえず、働いていました。

退職が承認されない【退職届を出したのに仕事をさせられた地獄】僕のその後

ただし、退職届を出した後は、何も感じない奴隷社畜モードを解除し、普通の人間として会社に出勤し働き始めました。

だからこそ、あまりに理不尽が多すぎて怒りで頭が真っ白になったり、怒りで手が震えて、仕事にならない時が何度かありました。

それくらい、一線を超えた状況の中、それでも我慢し働いていた・・だからこそ、円形脱毛症になったり、慢性的な便秘になっていたことを知りました。

怒りを抑圧していても、心身はストレスを感じていて、それが続くと、円形脱毛症になったり、うつ病になるわけです。

むかつく同僚の対処を間違え【僕は円形脱毛症に】嫌いな同僚は無視が1番

読者読者

怒りを抑圧するデメリットもあるわね


僕の人生ノート僕の人生ノート

怒りの感情がないのはヤバいよ


読者読者

体と心は、ストレスを感じているハズですものね


怒りの感情を抑え込んでも、どうせ定年まで働けないなら、さっさと転職するのが賢いことを、職場で1番まともで仕事ができる人が、我慢せず、さっさと転職していった姿を見て知りました。

その人が辞めたら、連鎖退職が発生したのです。

職場のつらい人間関係に耐えるな【定年まで働けない】転職できる人になるには

怒りの感情を抑える方法と「その副作用」

不況(投資の失敗)
僕は、怒りの感情を抑え込んで、ブラック企業で働いていました。

怒りの感情が湧き出てキレてしまうと「じゃあ、会社やめます」と言ってしまうことになる・・それを恐れていたのです。

奴隷と会社員の違い「嫌なら辞めろ」辞めます!を言うまでの【僕の退職準備】

僕は会社員を首にならないよう、会社員を続けることだけ考えて、怒らないように自分の感情や気持ちを押し殺して働いていました。

そのうち、感受性や感情がおかしくなり、自分では、そこまで強いストレスを感じていないのに、円形脱毛症が出来ていました。

仕事の不安やストレスで眠れない時の対処法【退職しかない】僕の経験談

読者読者

円形脱毛症って・・本当は強いストレスを感じていたのね


僕の人生ノート僕の人生ノート

でも、怒りの感情を押し殺さないと、ブラック企業の仕事は続けられないから・・


ブラック企業では、まともな人間の普通の感覚で働くと、毎日の仕事が理不尽すぎて、すぐ怒りでキレてしまい退職です。

だから僕は、怒らないこと、キレないことだけ考えて、職場で、にこやかな作り笑顔を作って働いていました。

僕の人生ノート僕の人生ノート

怒りの感情を押し殺す方法は、正常な感覚を麻痺させ捨てることだよ


読者読者

でも、それを続けていると体にはストレスがかかって、円形脱毛症になるわけね


僕は怒りの感情がない状態が、実はヤバい危険な状態であることを、円形脱毛症が出来た時に知りました。

人間なので怒りの感情はあって当然で必要なのに、無意識のうちに怒りを抑圧しているわけで、自覚がないだけにメンタル的には危険な状態です。

怒りの感情を抑えるデメリット

孤独で寂しい人
怒りの感情を抑えて働いていた僕は、今思うと、生きるうえでのエネルギーが低下していました。

生きるうえでエネルギッシュであれば、当然、その分、普通のまともな人の感情として、怒る場面も増えていきます。

僕は「怒る場面や、キレる場面が増えると、職場の上司や同僚と喧嘩になり、退職となる」と恐れ、無意識のうちに、エネルギーレベルを下げることで、怒らない人間になろうとしていたようでした。

ひたすら耐え忍んだ5年間でした。

パワハラ上司の特徴【対策は退職しかない】僕のパワハラに苦しんだ5年間

僕の人生ノート僕の人生ノート

その反動で、僕は声の小さい人間になっていたよ


声の大きさには、エネルギーレベルが現れるのですが、僕は、ぼそぼそと話す、声の小さな人間になっていました。

読者読者

怒る人は声を荒げるけど、怒りを抑える人は、声が小さく「ぼそぼそ話す人」になるわけね


僕の人生ノート僕の人生ノート

しかも、人生が保守的になっていくよ


エネルギーレベルが下がると、新しいことへのチャレンジなども、億劫になっていきます。

僕は「怒らないこと」や「キレないこと」の代償として、エネルギーレベルが低下し、新しいことにチャレンジする積極性や、好奇心なども、失っていったようでした。

読者読者

怒りを抑えることにも、それ相応のデメリットがあるのね


僕の人生ノート僕の人生ノート

怒らないことには「衝動的に何かをしない」というメリットもあるけど・・


怒りのエネルギーは爆発的に強いエネルギーなので、怒りの感情をコントロールできなければ、衝動的に上司に対して「じゃあ、会社やめます」と言ってしまったり・・

恋人に対して「じゃあ別れよう」と言ってしまったり・・

他人に対して、傷つける暴言を吐いてしまったり・・と人生を狂わせてしまう原因となるので、僕含め、人は、怒りの感情を恐れ、怒りの感情を押し殺そうとします。

すぐ怒る人や、すぐキレる人は、嫌われますしね。

ただ、怒りの感情を出さないばかりだと、エネルギーレベルが低下していくデメリットもあるようです。

怒りの感情のコントロールの仕方

大都会(東京)
僕は、怒りの感情も、制御可能な範囲内ならば、押さえつけずに、そのままにしておくようになりました。

怒っている時は、エネルギーレベルが上がっているので、活動的、積極的になれるメリットもあるからです。

また、怒りの感情を完全に否定してしまうと、何も感じないエネルギーレベルの低い人になってしまうので、その意味でも、怒りの感情はコントロール可能な範囲内であれば、そのままにしています。

僕の人生ノート僕の人生ノート

僕の場合は特に、記事を書くうえで役立つんだよね


怒りの感情は爆発的なエネルギーとなるので、絵を描いたり、文書を書いたり、など創作活動をするうえでは、非常に役立ちます。

なお、自分でも怒りの感情がコントロールできないほど、怒りが強くなった場合は、衝動的に何かをしてしまわないように、一旦、席を立って、1人になれる場所に行き、ゆっくり深呼吸をして時間をおくようにしています。

「怒りの感情」は、衝動的に何かをすることに使うと、破壊的・暴力的な結果を生むからです。

「怒りの感情」を建設的に使うためには、コントロール可能な範囲に怒りの感情が下ってきてから、使うことが大切です。

副業や起業や投資
なお、今現在、僕は怒りの感情を使って記事を書いています。

この記事は、そのままネット上に公開することはしません。

もしかしたら、今の僕は、怒りの感情のままに衝動的に記事を書いており、自分自身を含む誰かを傷つける記事を書いているかもしれないからです。

怒りの感情は超強力なので、すらすらと文章を書けていますが、この記事は一旦、下書きとします。

数日後、冷静になった自分で見直して、問題がなければネット上に公開します。

僕の人生ノート僕の人生ノート

怒りの感情で人生を破壊させないコツは、怒りが収まるまで時間をおくことだよ


ただし、完全に怒りが収まってしまうと、エネルギーレベルが低下して、頑張るモチベーションも低下してしまうので、怒っている最中に、今、こうして、記事を書いているわけですね。

人生では怒りの感情も必要な理由

恋愛や婚活、結婚のイメージ
怒っている」とは、愛情の裏返しであり、怒らなければ「無関心」なわけです。

生きていて、怒らなくなれば、それは人生や社会、他人に対して無関心になっていることの裏返しでもあります。

自分の人生を、この社会を、他人を、愛していれば、愛情の裏返しとして、怒る場面も出てきて当然です。

僕の人生ノート僕の人生ノート

メモを書く{付箋}に対しては、怒ることがないよね


読者読者

付箋のことを愛していないし、関心がないから、怒らないわけね


付箋の商品開発をしている人は、付箋に対して「なんで、こんなに使い勝手が悪いんだ」と怒ったりもします。

付箋を、愛しているからです。

付箋に対して、関心を持っているからです。

怒りの感情が消えてしまうとは、人生を愛していないことでもあり、また人生に対して無関心になっている可能性あることなので、怒らなくなっているなら、逆に、気をつけた方が良いのかもしれません。

読者読者

怒りの感情を持つことは、悪いことではないのね


僕の人生ノート僕の人生ノート

むしろ、怒りの感情を抑圧し続け「何も感じない人」になる方が危険だよ

人生を愛するための経済的な余裕の作り方

モルディブ
僕は、自分自身の人生を愛するために、経済的な余裕作りを続けています。

お金がないと心に余裕もなくなり、人生を投げやりになってしまうケースもありますよね。

僕の人生ノート僕の人生ノート

経済的な余裕作りでは、資産運用も重要だよ


毎月、資産運用から自動的に収入が入り続けるなら、生活に困らないので、人生を愛することができるし、心に余裕があるから社会や他人に関心をもて、また愛することも可能になりますよね。

お金に余裕があれば、心に余裕が出来て、すぐ怒ることも減っていきます。

その意味でも「お金は大事」だと僕は思っています。

おすすめの投資先含め資産運用の始め方については、以下の記事が詳しいです。

「初心者向け」少額で始める資産運用の方法【おすすめ運用先】稼げるよ

トライオートFX

まだ、ソーシャルレンディングと、システムトレードについて、きちんと調べたことない場合は、僕みたく食わず嫌いで機会損失しないために1度、確認してみるのがおすすめです。

ソーシャルレンディングとは?高利回りの仕組みやリスク【おすすめ会社も】

株/FXシストレとは?始め方【おすすめ会社や目安資金額】初めての初心者入門

運用資金作りで重要な収入の増やし方には、転職はもちろん、副業や投資、資産運用が効果的であり、以下の記事が詳しいです。

毎月5~10万円を稼ぐ僕の方法【副業/投資】編!随時更新

資産運用の始め方!最初はソーシャルレンディングがおすすめな理由

転職エージェントおすすめ比較ランキング【20~30代男女編】口コミや評判も

【既卒/第2新卒】就職エージェント比較ランキング!おすすめは?

なお、最新の【株/FXの取引】を、僕の資産運用ノートや、ツイッターで公開中です!

ツイッター内で「僕のノート」で検索すると出てきます。

ブログ僕の資産運用ノートでは、カテゴリー内にある【取引記録】に最新結果があります。

ユーチューブでも、やっています!

ユーチューブ内で「僕のノート」で検索すると出てきます。


スポンサードリンク


よく読まれている記事

【人気】 辛い日々から【毎日楽しい】に僕の人生が変わった道のり全公開!人生の宿題とは

【人気】 はじめに【僕の人生ノート】のブログの説明です!

僕の人生ノート
【僕のノートシリーズ】は、僕がノートに書き込んできた「学校では教わらない大切なこと」をシェアさせて頂いているブログです。