僕はブラック企業で働いていて、うつ病になりました。

うつ病になって本当に良かった」と思っている理由は、過労死を防げたからです。

妻が心療内科に連れて行ってくれたことで、僕は、命を救われたのです。

僕の人生ノート僕の人生ノート

仕事が辛そうな夫に対して、家族ができることを知って欲しいよ


僕の人生ノート
僕の人生ノートには、こう書かれています。

この記事を書いた僕のプロフィールはコチラ→10年で1億稼ぎ30代でうつ病→専業主夫になった【僕のノート】プロフィール

夫が仕事辛そう!家族にできること

不況(投資の失敗)
勤め先は、やばいブラック企業であり、僕はストレスで円形脱毛症が出来たりしていました。

やばい会社の特徴【僕の実体験】キチガイ同僚/恐怖政治の上司/余剰人員なし

やばい職場だったので、連鎖退職が発生し、僕は激務の中、働き続けていました。

連鎖退職で辞められない地獄【僕の経験談】まともな人から辞めていく!その後

毎日、仕事が辛くて「辞めたい」と思っていましたが、人手不足のため「辞めさせない」と脅され、心身の限界を感じながらも働いていました。

会社が辞めさせてくれない【弁護士に相談した結果】僕の経験談!皆聞いてくれ

からは「早く、会社を辞めたら?」と言われていましたが、お世話になった会社と円満退職したいし、仲間意識のある同僚達を裏切るようで、僕は仕事を辞めることができず、働き続けていました。

退職が気まずくて言い出せない【うつ病になった僕の失敗】同僚は仲間じゃない

仕事のストレスで夜眠れなくなった

お金がない悩む男性
仕事が辛そうな僕の様子を見て妻からは、度々「大丈夫?」と心配されていましたが、夫として、妻に心配させたくない心理から「大丈夫だよ」と言っていました。

読者読者

夫は、仕事が辛くても「大丈夫」と言うわね


男として、弱さを妻に見せたくない「働いてお金を稼ぐこと」が夫の役目だと男は感じるので、「仕事を辞めたい」や「仕事がきつくて、うつ病になりそう。過労死しそう」などと、妻には弱音を吐けないのです。

僕自身、仕事のストレスで夜、眠れないまま出勤したりもしていて、妻からは当然、心配されましたが「大丈夫」と妻には言っていました。

仕事のストレスで夜眠れないは危険【うつ病になった僕の実体験】

妻も働いているので、妻にも、僕を、そこまで気遣う余裕がなく、なんとなくで日々が過ぎ去っていました。

読者読者

共働きだと、妻も忙しく、夫の異変に気がつきにくいわね


失敗して後悔する男性
そんなある日、僕は上司のパワハラの悪化により恐怖心から、夜、一睡もできなくなりました。

仕事で精神的に追い込まれる【心が壊れた僕の対処法】うつ病の診断書を貰え

それでも僕は「残務も引継ぎもあるから、仕事に行かなきゃ」と思っていたのですが、妻から「貴方、病気。診療内科に行けば?」と言われました。

うつ病で休職の診断書を貰う

医療関係の仕事と転職
病院にすら、ほぼ行ったことがないので「まさか、自分が診療内科なんて」と思っていたのですが、妻から真顔で「貴方、病気だわ」と言われて「あぁ、自分は客観的に見たら、ヤバいのかも」と感じました。

プライドもあるし、心理的な抵抗も強かったのですが「辛く苦しい。助けて欲しい」とも心のどこかで感じていたこともあり、僕は妻に甘えて、心療内科に連れていってもらうことにしました。

心療内科を受診すると「うつ病。休職が必要」と診断され、診断書が出されました。

うつ病の診断書もらえる?【仕事のストレスが限界で辞めたい】僕の場合

長時間残業が酷いわけでもないのに、うつ病の診断書がでて「この程度で、うつ病の診断書が貰えるのか」と驚くと、ともに、ほっと安心しました。

本当は、会社に行くのが、怖くて仕方なかったからです。

過労死の原因と前兆【うつ病と診断された僕の事例】残業時間だけで判断するな

夫をうつ病や過労死から守るために妻にしてほしいこと

モルディブ
男である自分からは「心療内科に連れて行って欲しい」なんて、恥かしくて言えませんでした。

だからこそ、僕は、妻に心療内科に連れて行って貰えたことで過労死を防いでもらえたのです。

もし、妻が「男として夫として、頑張って働け」と言っていたら、僕は、あのまま働き続けて、重症のうつ病になって会社を辞めることになり、社会復帰が困難になっていたか、もしくは過労死していたかもしれません。

読者読者

うつ病のまま、働き続ける人が、過労死するものね


通勤ラッシュ中の会社員
心療内科に行く前と、それ以前で、僕の心身には大差はなかったのです。

つまり、僕はずっとうつ病状態のまま、妻に「大丈夫」と言い続けて、無理して働いていたのです。

重要なので繰り返します。

うつ病の状態のまま、働き続ける人が、精神的に追いつめられていき、過労死や自殺をします。

本人は、うつ病の自覚がないので、妻や家族が、心療内科に連れていくしか対処法がありません。

会社側は「使えるうちは、使おう」とするだけです。

僕の人生ノート僕の人生ノート

特殊な僕ですら、無理して働き続けていたわけだよ


副業や起業や投資
僕は20代の頃から、ずっとサイドビジネスや投資を続けており、会社の給料以上に、毎年、副収入を稼いでいました。

副業の始め方!月収80万円を10年の僕が稼げる副業アイデア3選を公開

そのため、会社を辞める抵抗は人一倍、少ないわけで、それでも、義務感から無理して働き続けていたわけです。

普通の男性の場合、会社を辞めたら「何もない人」になる恐怖心から、会社を辞めることに繋がりかねない心療内科の受診には、相当な抵抗があり、まず自分から「心療内科に連れて行って欲しい」とは妻や家族には、言わないはずです。

だからこそ、妻や家族には、夫が、仕事が辛そうで、過労死しそうなら、無理矢理にでも心療内科に連れて行ってあげて欲しいのです。

医師からの「うつ病。休職が必要」という診断書でもなければ、会社の仕事への義務感や、プライドから、たとえ過労死しそうでも、仕事に行き続けるのが男だからです。

過労死しそう【僕が激務でうつ病になる前に会社を辞めた方法】プライド捨てろ

少なくとも、僕はそうでした。

この程度で、会社を休むなんて。会社を辞めるなんて」と、僕は思っていました。

だからこそ、医者からの正式な通知である「うつ病。休職が必要」の診断書を貰い、やっと正気に戻れたのです。

「あぁ、僕はヤバい状態なのか」と診断書を貰い、やっと自覚が伴いました。

読者読者

とにかく、夫を心療内科に連れていけばいいのね


僕の人生ノート僕の人生ノート

妻や家族にできることは、そうだと思う


うつ気味な夫や、過労死しそうな夫は、正気を失っており、正常な判断能力もなくなっているので、妻や家族が、心療内科に連れていくしかない、と僕は自分自身の経験から感じています。

僕の人生ノート僕の人生ノート

僕は「このままでは自殺の危険性すらある」と診断されたよ


それでも僕は、自覚がなく、義務感から仕事に行こうとしていたのです。

そしてブラック企業側は「使えるうちは、使おう」と考えているので、家族が無理矢理にでも、会社から夫を引き離さないと、悲劇が生れます。

病的なブラック企業の思考は理解が難しいのですが、以下の記事が詳しいです。

頭のおかしい【やばい人の特徴】病的な人の対処法!うつ病になった僕の実体験

夫がブラック企業から殺されそう!妻や家族が窓口になれ

裏表のある人(投資詐欺師)
ブラック企業は、夫のことを「まだ、働けるじゃん。使えるうちは、使おう」と考えています。

そのため、たとえ「うつ病。休職が必要」の診断書を会社に提出しても「使えるうちは、使おう」とする危険性があります。

よって、妻や家族が、会社との連絡を取り合う窓口に立ち、夫と会社とで、直接のやり取りをさせないことが大切です。

家族から「夫はもう、うつ病で壊れてしまったので、働けないので退職します」と言うことです。

ブラック企業は、夫から直接、連絡があると「まだ、元気そうじゃん。使えるうちは、使おう」と考えます。

信じられないかもしれませんが、うつ病になるまで夫を追い詰めるようなブラック企業は、性善説で対応すると本当に危険です。

性善説と性悪説どっちが正しい?【答え】僕が人を疑い始めた理由はブラック企業

また、会社を辞める際に、トラブルになりそうなら、夫に代わって、弁護士に相談に行ってあげるのもおすすめです。

退職で仕事も引継ぎも終わらない【僕が弁護士に聞いた結果】辞めていいよ

経済的な余裕が家族をうつ病や過労死から救う

モルディブ
僕と妻が、心療内科に行くことをためらわなかった理由の1つが、経済的な余裕でした。

セミリタイア生活が可能なほど、副業投資により、備えをしてきていたのです。

30代早期セミリタイア条件【資産3000万円と共働き】20代を捨てた僕の話

読者読者

お金に余裕がなければ、会社に留まろうとして悲劇が生れるわね


僕の人生ノート僕の人生ノート

経済的な余裕作りでは、資産運用が大切だよ


金貨への分散投資
たとえ少額でも資産運用からの運用益が毎月、入り続けるなら、ブラック企業を辞める決断がしやすくなります。

全ての人にとって必須科目である資産運用は、勉強と経験が大事なので、早めに始めて、コツコツと知識と経験を積み重ねていくのがおすすめです。

おすすめの投資先含め資産運用の始め方については、以下の記事が詳しいです。

「初心者向け」少額で始める資産運用の方法【おすすめ運用先】稼げるよ

トライオートFX

まだ、ソーシャルレンディングと、システムトレードについて、きちんと調べたことない場合は、僕みたく食わず嫌いで機会損失しないために1度、確認してみるのがおすすめです。

ソーシャルレンディングとは?高利回りの仕組みやリスク【おすすめ会社も】

株/FXシストレとは?始め方【おすすめ会社や目安資金額】初めての初心者入門

運用資金作りで重要な収入の増やし方には、転職はもちろん、副業や投資、資産運用が効果的であり、以下の記事が詳しいです。

毎月5~10万円を稼ぐ僕の方法【副業/投資】編!随時更新

資産運用の始め方!最初はソーシャルレンディングがおすすめな理由

転職エージェントおすすめ比較ランキング【20~30代男女編】口コミや評判も

【既卒/第2新卒】就職エージェント比較ランキング!おすすめは?

なお、最新の【株/FXの取引】を、僕の資産運用ノートや、ツイッターで公開中です!

ツイッター内で「僕のノート」で検索すると出てきます。

ブログ僕の資産運用ノートでは、カテゴリー内にある【取引記録】に最新結果があります。

ユーチューブでも、やっています!

ユーチューブ内で「僕のノート」で検索すると出てきます。


スポンサードリンク


よく読まれている記事

【人気】 辛い日々から【毎日楽しい】に僕の人生が変わった道のり全公開!人生の宿題とは

【人気】 はじめに【僕の人生ノート】のブログの説明です!

僕の人生ノート
【僕のノートシリーズ】は、僕がノートに書き込んできた「学校では教わらない大切なこと」をシェアさせて頂いているブログです。