他人は自分に興味がない」の話は聞いたことがありました。

ただ、本当の意味を理解したのは、僕が勤め先に退職届を出した後でした。

僕の人生ノート僕の人生ノート

他人の目や評価が気になる、全ての人へ


僕の人生ノート
僕の人生ノートには、こう書かれています。

この記事を書いた僕のプロフィールはコチラ→10年で1億稼ぎ30代でうつ病→専業主夫になった【僕のノート】プロフィール

追記!うつ病になって知った「人は他人に興味ない」

うつ病

僕は30代にして、仕事のストレスが原因で、うつ病になり失業してしまいました。

当時の壮絶すぎる実話は、以下の記事が詳しいです。

連鎖退職で辞められない地獄【僕の経験談】まともな人から辞めていく!その後

【実話】仕事でうつ病になって退職するまでの流れ!僕の実体験とその後

僕の人生ノート僕の人生ノート

僕は、うつ病事件で【重要な教訓】を学んだよ


車内で副業

うつ病と診断される前、ギリギリの精神状態で働いている最中「なぜ、誰も助けてくれないのだろう?」と不思議に思っていました。

明らかにヤバい状況なのに、誰も本気では、助けようとしてくれないからです。

いじめで自殺する子ども、過労死する大人も、「どうして、誰も助けてくれないのだろう?」と素朴な疑問を感じたと思っています。

過労死しそう【僕が激務でうつ病になり会社を辞めた方法】プライド捨てろ

なぜなら、本当に興味があり大切な人ならば、全てを投げ出してでも、絶対に助けようとするからです。

僕は少しの休憩時間中「これが、もし妻だったら」と考えてみた時に「絶対に助けるだろ」と思って・・

そこで「あぁ、他人は、本当の意味で、僕に興味ないのか」と悟りました。

読者読者

人は、本当の意味では、他人に興味ない・・


「あの人、うつ病になったんだって~」の噂とか、SNSの「いいね」とか、いらないから、あの時、本気で手を差し伸べて欲しかった・・それが僕の本音です。

承認欲求をなくしたい【承認欲求が強い僕が捨てた方法】snsは時間の無駄

結局、僕を救ってくれたのは、と、うつ病の診断書でした。

夫が仕事辛そう【うつ病で過労死しそう】家族にできること!僕の実体験

僕の人生ノート僕の人生ノート

僕は「生き方」が、少し変わったよ。うつ病事件によって


モルディブ

メンタル弱い僕は、「人目を気にして再就職」など、他人の目や評価を気にしすぎる失敗も多かったのですが・・

僕が脱サラ起業で失敗した理由は世間体【末路は会社員】失敗しないために

うつ病事件によって「人は、本当の意味では他人に興味ない」と知ってからは、他人の目や評価も、気になりにくくなりました。

だって、皆、僕に対して、いろいろ評価してくるけど、本当の意味では、僕に対して興味ないことを知ってしまったからです。

周りの目を気にしては生きていけない!好きに生きて良い時代の僕の働き方

読者読者

表面上の興味しかない人達からの「評価」を、気にしても・・ってことね


僕の人生ノート僕の人生ノート

人の評価は、簡単に上下するから、振り回されるよ

どれだけ僕が苦しもうが会社も同僚も興味がない

仕事とお金で悩む男性
やばいブラック企業で働いていた僕は、連鎖退職を経験することになりました。

やばい会社の特徴【僕の実体験】キチガイ同僚/恐怖政治の上司/余剰人員なし

皆、耐えきれずに辞めていき、残された僕は、退職届を出した後も「辞めさせない」と脅され、膨大な仕事量と責任を背負わされました。

連鎖退職で辞められない地獄【僕の経験談】まともな人から辞めていく!その後

読者読者

退職届を出した後って、普通は引継ぎをして終わりなのに最悪ね


お金がない悩む男性
僕が既に退職届を出していることは、皆、知っているのに、それでも平気で、僕に仕事の押しつけや、休日出勤をさせていました。

僕は「会社組織に残って、今後も給与を貰い続ける人間が頑張れよ。なぜ僕が?」と強い不満と憤りを感じながら、代休も取れない休日出勤や、押しつけられる嫌な仕事を行い続けていました。

会社に残る人達が楽して給料を貰っている中、僕は1人で休日出勤をさせられていました。

僕は、その時に「あぁ、他人は自分に興味がないんだな」と理解しました。

他人は自分に興味がない

落ち込んでいる男性
会社の同僚も上司も表面上では「大変だね」的に接してくれることも、ありましたが、実際は僕に、休日出勤をさせ、無理な業務を押しつけていました。

退職届を出した後、何か月もの期間です。

その間、会社に残る他の社員は、休日出勤もしていないし普通通り働いていました。

僕の人生ノート僕の人生ノート

結局、嫌な仕事を押しつけやすい僕に、最後まで、仕事を押しつけていたわけだよ


読者読者

弱い者いじめをする、ただの「いじめ」ね。最低だわ


僕の人生ノート僕の人生ノート

他の社員に、無理を言う勇気がないから、僕に無理を言ってただけ


読者読者

そこには、正義も合理性もないわね


孤独で寂しい人
会社の同僚も上司も、誰も助けてくれませんでした

普段は「仲間だろ」的に接しているし「骨を埋める覚悟で働け」とか言っているくせに・・

「辞める」となれば「辞めるのか。根性なしが」と批判されるのに・・

仕事押しつけ/退職もできず「無責任に辞める」批判された奴隷以下の僕のその後

辛い状況の時には、誰も「その業務、こちらでやりましょうか?」などはありませんでした。

職場で孤立【苦しくても誰も助けてくれない僕の経験談】金の方が信用できる

僕の人生ノート僕の人生ノート

偉そうなことを言うくせに、肝心なところでは、助けてくれないし、逃げてばかりだよ


本来であれば、僕が休日に出てやる必要のない業務でも、他の人が休日出勤を嫌がるから、仕事を押しつけやすい僕に休日出勤をさせているわけで・・

退職届を出している人に、休日出勤をさせるのは、おかしい。私が出勤します」などと言ってくれる人は、1人もいませんでした。

皆、どれだけ僕が苦しもうが興味なく、自分の休日が優先のようでした。

僕の人生ノート僕の人生ノート

結局、他人は自分に興味がないんだよ


モルディブ
本当に、他人に興味があるなら「退職届を出しているのに、休日出勤を押しつけられて辛いだろうな」と思考が進みます。

退職後は、急に収入が途切れるわけで、急に収入が途切れない{会社に残るメンバー}が頑張るべきよね」と思考が進みます。

でも、会社の同僚も上司も、そこまで思考が進んでおらず、他人事のようでした。

僕の人生ノート僕の人生ノート

他人である僕には、興味ないから、平気で仕事を押しつけられるわけだよ


読者読者

皆、自分のことが1番可愛くて、自分にしか興味ないのね


僕のことを本気で思いやるなら「私が休日出勤します。貴方は退職届も出しているのだし、そこまでして辞める会社のために頑張らなくていいよ」と言って、休日出勤をするはずです。

「本当の意味では、他人は自分に興味がないんだな」

「僕は退職後に、急に収入が途切れるわけで、「休日は転職活動もしないといけない」とか、その辺りも興味ないのか」

僕は退職届を出した後の期間に他人は自分に興味がないの本当の意味を知りました。

人は他人の不幸話しか興味がない

いじめや陰口
本当の意味では他人は自分に興味がないことを理解した時、「人は他人の不幸話にしか興味ないのか」とも理解しました。

退職後、元勤め先で、僕の話題が興味をもって話される時は、僕が退職後に不幸になった時くらいだろうと、当たり前の結論として思われたからです。

僕の人生ノート僕の人生ノート

他人達は、他人に対して、本当の意味では興味ないよ


読者読者

他人が自分に興味を持つのは、不幸話の時くらいなのね


不況(投資の失敗)
人は、他人の不幸話を聞けば「自分の方が恵まれている」と思えるので、他人の不幸話が好きな傾向にあります。

相対的な現実世界においては「自分が幸せかどうか?」を判断するためには、自分の感覚に従わない場合、以下の2つとの比較が必要となります。

①過去の自分の状況

②他人の状況

読者読者

他人と比較することで「自分は幸せか?」を無意識的に判断しているわけね


他人の不幸話を聞けば、「自分の方が幸せ」と思えるため、他人の不幸話とは、手っ取り早く幸せを感じる方法なわけです。

だから人は、他人の苦労話や、不幸話が好きなのです。

僕の人生ノート僕の人生ノート

つまり、他人の目や評価なんて、くだらない!ってこと

人の目が気になる人へ!人目を気にするな

モルディブ
他人からの評価は、気にする必要がないのです。

人は、「自分の方が幸せ」と感じるために、他人の不幸を探します。

互いに監視し合い「お前だけ幸せになるなよ」とか「不幸な人がいる。私の方が幸せ」とか、しょうもないことを、過去、何百年、何千年とやり続けており、今後も、続けるのが人間という生き物です。

読者読者

自分が幸せになるために、他人の不幸を利用しているわけね


僕の人生ノート僕の人生ノート

そう。だから他人の目を気にしても、他人に利用されるだけ


シンガポール
他人の目」とは「こちらの不幸の粗探しをしている目」であり、相手は、こちらの不幸を見つけて「ふふふ。私の方が幸せ」と、こちらを利用しているに、すぎないわけです。

また、自分が幸せになると「他人の目」は「あいつ、幸せそうでムカつく」と足を引っ張らっれることになります。

これが相互監視社会の日本です。

周りの目を気にしては生きていけない!好きに生きて良い時代の僕の働き方

僕も他人には興味がない。僕は僕で幸せに生きる

経済的な自由人
僕は相互監視し合う地獄の社会の中で「幸せになったら叩かれる」とか、意味不明な社会の中で、生きていくのは、まっぴらごめんでした。

他人は、本当の意味では、僕には興味ないです。

僕が、どれだけ苦しもうと、関係なく、自分が幸せなら、それでいいわけです。

休日出勤の例でもそうだし、社会全体としても、結局、現実はそうです。

読者読者

綺麗事抜きにして、弱者は助けてもらえないわね


僕の人生ノート僕の人生ノート

日本もそうだけど、アフリカ含む貧困地域も含めて、の話だよ


僕は20代の頃、そんな社会を憎み、社会を変えようと努力していました。

しかし、現状の社会を批判すれば、現状の社会を気に入っている人達から、僕が批判されることになり・・

消耗した僕は「僕も他人には興味がない。僕は僕で幸せに生きる」と覚悟を決めました。

その結果がセミリタイア生活です。

30代早期セミリタイア条件【資産3000万円と共働き】20代を捨てた僕の話

モルディブ
人類の進歩過程には時期・時代があり、まだ、今の人類は、そのレベルに達していないようです。

大きな時代の流れの中で、僕も、どう生きるべきか?と強く悩みましたが、言っても理解してもらえない場合は【関わらない】が最強のようでした。

それは、人間関係でも、社会でも、そうですね。

きちがいなヤバい人の特徴と対処法【まともじゃない人】との接し方

特に、自分の実力が、まだない場合はそうです。

他人の目や評価が気になる「勝ち組と負け組」から自由になった僕の方法

地獄の相互監視社会から抜け出す方法

シンガポール
こちらの不幸を期待される地獄の相互監視社会から抜け出すには、セミリタイア生活が1番です。

早期リタイア資金作りのサイドビジネス!セミリタイア後の仕事にもなるよ

僕の経験上、サラリーマンの世界にいる限り、不幸を期待される地獄の相互監視社会からは抜け出せません。

読者読者

こちらの不幸を、内心、期待している人とは、関わりたくないわね


僕の人生ノート僕の人生ノート

社会全体が、そうだから、社会と関わりたくないよ


読者読者

サラリーマンとして働き苦労してこそ、まともで、立派な社会人!という風潮ね


僕の人生ノート僕の人生ノート

不幸を強要してくるから、関わりたくないよ


不幸を期待される」を、「社会とは、そんなもの」と感じているなら、異常であり「洗脳されている」と言えます。

就職し社会人として苦労するのが立派な大人か【社会の罠にハマった僕の失敗】

ただ、サラリーマン以外の世界では、不幸は期待されないし、相互監視もないので、その意味でも、セミリタイア生活はおすすめですね。

僕の人生ノート僕の人生ノート

セミリタイア生活をするなら、資産運用が重要になるよ


金貨への分散投資
毎月、資産運用から安定収入が入ってくるなら、セミリタイア生活をしやすくなりますよね。

資産運用は経験値が大切になるので、少額でいいから、早く着手するのがおすすめであり、僕も、そうしてきました。

おすすめの投資先含め資産運用の始め方については、以下の記事が詳しいです。

「初心者向け」少額で始める資産運用の方法【おすすめ運用先】稼げるよ

トライオートFX

まだ、ソーシャルレンディングと、システムトレードについて、きちんと調べたことない場合は、僕みたく食わず嫌いで機会損失しないために1度、確認してみるのがおすすめです。

ソーシャルレンディングとは?高利回りの仕組みやリスク【おすすめ会社も】

株/FXシストレとは?始め方【おすすめ会社や目安資金額】初めての初心者入門

運用資金作りで重要な収入の増やし方には、転職はもちろん、副業や投資、資産運用が効果的であり、以下の記事が詳しいです。

毎月5~10万円を稼ぐ僕の方法【副業/投資】編!随時更新

資産運用の始め方!最初はソーシャルレンディングがおすすめな理由

転職エージェントおすすめ比較ランキング【20~30代男女編】口コミや評判も

【既卒/第2新卒】就職エージェント比較ランキング!おすすめは?

なお、最新の【株/FXの取引】を、僕の資産運用ノートや、ツイッターで公開中です!

ツイッター内で「僕のノート」で検索すると出てきます。

ブログ僕の資産運用ノートでは、カテゴリー内にある【取引記録】に最新結果があります。

ユーチューブでも、やっています!

ユーチューブ内で「僕のノート」で検索すると出てきます。


スポンサードリンク


よく読まれている記事

【人気】 辛い日々から【毎日楽しい】に僕の人生が変わった道のり全公開!人生の宿題とは

【人気】 はじめに【僕の人生ノート】のブログの説明です!

僕の人生ノート
【僕のノートシリーズ】は、僕がノートに書き込んできた「学校では教わらない大切なこと」をシェアさせて頂いているブログです。