僕の職場では{うつ病による退職者}が出たのに、隠蔽され何の改善もされず過労死しそう」という恐怖心がありました。

怖い上司に潰されうつ病【隠蔽し誰も責任取らない】腐った会社!僕のその後

最終的には一睡もできない日が続き心療内科を受診すると「うつ病。このままでは自殺の可能性もある」と診断されました。

僕の人生ノート僕の人生ノート

残業時間だけでは、過労死は判断できないよ


僕の人生ノート
僕の人生ノートには、こう書かれています。

この記事を書いた僕のプロフィールはコチラ→10年で1億稼ぎ30代でうつ病→専業主夫になった【僕のノート】プロフィール

過労死が発生するやばい職場の特徴

上司から怒られる男性
勤め先のブラック企業はヤバい職場であり、以下の特徴に当てはまる職場は危険です。

やばい会社の特徴【僕の実体験】キチガイ同僚/恐怖政治の上司/余剰人員なし

ぎりぎりの人員のため「自分が辞めたら、人手不足で他の人がやられる」と感じるので「自分だけ先に辞める」が選択できないです。

また、上司が怖くて「辞めたい」を言い出せない雰囲気がありました。

怖い上司の恐怖政治【退職を申し出るのも怖い】僕が弁護士に相談した理由

そんなヤバい職場には、頭のおかしい同僚がいたりします。

頭おかしい変な人が同僚にいて気持ち悪い【僕の経験談と「その後」】

本当は今すぐにでも辞めたいのに「辞めたい」を言い出せない会社は、過労死が起きる会社の特徴です。

会社の上層部や上司は、社員が「辞めたい」を言えると、人が職場にいなくなるので、恐怖政治によって社員に「辞めたい」を言わせない雰囲気を作ります。

よって「辞めたい」と言って、辞めていく退職者には、とことん{嫌がらせ}を行い、残る社員に「「辞める」と言うと、恐怖が待っているのか」と思わせるのです。

辞めていく人が非難/批判される会社は、過労死や、うつ病が発生しやすい会社だと言えます。

辞めたい。でも、辞めるのが怖い」によって人は、追い詰められていくからです。

読者読者

過労死は、やばい職場で発生するのね


僕の人生ノート僕の人生ノート

職場崩壊の引き金は{まともな人}が辞めることだよ

過労死の原因

仕事とお金で悩む男性
ぎりぎりの人員で持ちこたえていた職場でしたが{転職先がある「まともな人」}が辞めていきました。

転職できる/稼げる【希少な価値ある人材】になる方法3つ!僕の実体験です

すると、残った社員の負担が増えて、連鎖退職が発生しました。

連鎖退職で辞められない地獄【僕の経験談】まともな人から辞めていく!その後

やばい職場だったので、連鎖退職のリスクは感じていましたが「まさか、本当に連鎖退職が起きるなんて」という気持ちになりました。

「まさか」は、想定されるので「まさか、本当に・・」と思うわけです。

想定されない事柄が発生すると「え?」となります。

つまり、もし連鎖退職が発生したら「まさか」と感じる職場なら、その「まさか」は起きうる可能性は、結構高いことを知りました。

読者読者

「人生には【上り坂/下り坂/まさか】の3つの坂がある」って言うわね


僕の人生ノート僕の人生ノート

「まさか」は想定内ってことで、実は、起きる確率は高い事柄だと知ったよ


失敗して後悔する男性
連鎖退職が発生するようなヤバい職場では、残った社員は退職を申し出ると「辞めさせない」と違法な引きとめにあうことを知りました。

退職が承認されない【退職届を出したのに仕事をさせられた地獄】僕のその後

会社側は、ピンチになったら社員を犠牲にしてでも、会社を守ろうとするし、連鎖退職が発生するようなヤバい職場では「引きとめは違法だから」なんて、まともな判断は行われないことを知りました。

引継ぎが完了するまで、責任もって働け」と言われます。

僕の実体験【辞めたいのに辞めさせてくれない】ブラック企業を退職したい人へ

連鎖退職が発生した原因は会社側にあるから、責任を持つのは会社だろ」などの正論が通じる会社なら、連鎖退職なんて発生しないわけです。

社員から搾取する詐欺組織がブラック企業なので「違法行為はダメでしょ?」なんて正論は通用しないのです。

詐欺組織ブラック企業に騙された僕の話【世の中は詐欺や罠だらけ】就職とは契約

読者読者

まともな対応が可能なら、過労死なんて起きないわね


僕の人生ノート僕の人生ノート

法律や、常識や、良心が通用しない上司や会社だから、過労死が起きることを知ったよ


つまり過労死の原因は「法律や、常識や、良心が通用しない会社だから」となります。

「さすがに、それはまずいだろ?」の感覚がない会社だと、僕は感じていました。

常に、超えてはいけない一線を超え続けている」と働きながら、感じていました。

だから、まともな対応をすると、とことん追い込まれて、潰されてしまうわけです。

やばいブラック企業に対して、性善説は危険です。

性善説と性悪説どっちが正しい?【答え】僕が人を疑い始めた理由はブラック企業

過労死の前兆

落ち込んでいる男性
仕事量は変わらず、人員は減っている危険な状態なのに、さらに無責任な上司は、おかまいなしに仕事と責任を押しつけてきました。

部下に責任を押し付ける無責任な上司【僕の対処法】無能な上司と仕事するリスク

無責任な上司の元で働くことは、過労死のリスクすらある危険なことだと知りました。

それでも、自分が今、辞めると会社の皆に多大な迷惑がかかることがわかるので、過労死しそうな状態でも、辞めることができませんでした。

過労死しそうな時の「それでも会社を辞めることができない精神状態」については、以下の記事が詳しいです。

過労死しそう【僕が激務でうつ病になって会社を辞めた方法】プライド捨てろ

自分だけ戦場から逃げて、自分だけ助かる道を選べないのです。

戦時中も、それで多くの人が命を落としていますが、僕は初めて「戦友を見捨てることが出来ずに亡くなっていった日本兵」の方々の心理を知りました。

読者読者

責任感が強い真面目な人ほど、過労死するわね


僕の人生ノート僕の人生ノート

「自分だけ先に、逃げる形で辞める」を選択できないんだよね

仕事の過度なストレスで夜、眠れない

お金がない悩む男性
今、振り返ると。

過労死レベルで追い込まれた際、最も顕著な反応は「仕事の過度なストレスで夜、眠れない」です。

仕事の不安やストレスで眠れない時の対処法【退職しかない】僕の経験談

うつ病になって退職した同僚も、最後は、夜、眠れない状態になっていました。

怖い上司に潰されうつ病【隠蔽し誰も責任取らない】腐った会社!僕のその後

「眠る/眠れない」は意識でのコントロールが不可能であり、体と心が限界にきている証拠なのだと思います。

僕は、夜、布団に入ると、怖い上司や仕事のことを考えてしまい心臓がドクドクと動機がして、まったく眠れない状態になっていました。

読者読者

眠れないなら、会社を休むしかないわね


僕の人生ノート僕の人生ノート

そうも、いかないんだよ


人員がいないので、寝ていない状態でも出勤して働かないと、皆に多大な迷惑がかかるうえ、上司からも「睡眠薬を飲んで寝て、働け」と言われます。

仕事のストレスで頭痛【睡眠薬を飲んで寝て出社しろ】僕が退職した理由

恐怖政治の中で長らく働いているうえ、寝ていないので判断能力が正常ではなくなっているため「なぜ僕が、睡眠薬を飲んでまで、会社のために働かないといけないの?」と疑問に思いつつも、それ以上は思考がすすみませんでした。

この話を心療内科で言ったら「ありえない」という反応をされて「やっぱり、そうなのか」と気がつきました。

読者読者

普通は「休め。まず寝なさい」よね


僕の人生ノート僕の人生ノート

普通ではないから、過労死まで追い込まれるのだと思う


今、思うと「本当に病的な会社だな」と感じます。

病的な会社との関わりは、1秒でも早く断ち切る必要があります。

誰にも相談できない

不況(投資の失敗)
権力者である上司に、誰も意見を言えない職場のため、同僚や先輩に相談しても「根性で耐えろ」と言われてしまいました。

皆、権力者から嫌われたくないので「関わりたくない」という感じでした。

上司に相談しても無駄【僕が社外の友人に相談する理由】上司を信用できない人へ

相談しても「俺も耐えてきた。耐えろ」や「他の会社でも、そうだ。甘えだ」と言われるので「耐えるしかないのか」と思い、それ以上は、誰にも相談できなくなりました。

読者読者

誰にも相談できないと、追い込まれるしかないわね


僕の人生ノート僕の人生ノート

「誰にも相談できない」は、過労死の前兆だよ


孤独で寂しい人
誰も助けてくれないのか」と感じ、「社内の人間は誰も信用できない」と感じました。

職場で孤立【苦しくても誰も助けてくれない僕の経験談】金の方が信用できる

誰にも相談できず、でも辞めさせても、もらえず、僕は精神的に追いつめられていきました。

会社も上司も信用できない【僕が見限った理由】優秀な人が潰される会社の特徴

仕事のストレスが原因でうつ病と診断された

大都会(東京)
最終的には、上司への恐怖心や、仕事のストレスが原因で、一睡もできなくなり、心療内科に行くことになりました。

パワハラ上司の特徴【対策は退職しかない】僕のパワハラに苦しんだ5年間

まさか自分が心療内科を受診するなんて・・という抵抗感がありましたが、そうも言ってられない状況に追い詰められていました。

僕としては夜、眠れない程度で、働かずに休むことに、強い罪悪感を感じていたし、上司から「なぜ休むのか!無責任なことはするな。出勤しろ」と怒られそうで、恐怖を感じていました。

医師から「「この程度なら大丈夫です。みんな頑張って働いているのだから甘えるな」と言われるのかな?」と考えながら・・

もし「大丈夫。働けます」と診断されたら、働くしかないのかな。こんな状態なのに。社会は甘くないな」などと考えながら・・

受診してみると、うつ病と診断され、休職が必要な旨の診断書が出されました。

医師含む病院の人達からは「ありえない。ヤバい会社だ」的な反応をされて、「あぁ、やっぱり、客観的に見たら、そうなのか」と感じました。

読者読者

当然でしょ


僕の人生ノート僕の人生ノート

でも、僕は違う感じ方をしたよ



恐怖政治の職場で長年、働いていたせいで感覚が狂っていたのか、僕は「この程度で、うつ病の診断書が貰えるのか」と感じました。

それ以前にも、仕事のストレスや上司への恐怖心から、眠れない日は普通にあったし、寝ないまま出勤して仕事をこなす日々があったからです。

その意味では、ずっと、うつ病の状態のまま、働いていたのか、とも感じました。

うつ病の状態が長く続きすぎていたせいか、夜、寝れなかったり、頭痛が続いていたり、気持ちの上下が酷かったりするのは自分の中では普通であり、自分では、そこまで酷い状態ではないように感じられていました。

心療内科の問診票で「頭痛がしますか?」とか「イライラしますか?」とかアンケートがあり、「そんなの、当たり前じゃない?皆、ストレス溜めて働いているんだよ」と感じながら、ほとんどにチェックを入れていったのですが・・

今思うと、それは、当たり前ではなかったのかもしれません。

宮古島旅行の海
ただ、うつ病の診断書を貰えたことで、ほっと安心した気持ちもありました。

もし、医者からも「眠れない程度で甘えるな。みんな大変なんだ。働け」と言われたら「やっぱり甘えだよな。働くしかないよな」と思っていたからです。

長時間労働だけが過労死の原因ではない

不況やリストラ
僕が、うつ病と診断され感じたのは「長時間残業だけが過労死や、うつ病の原因ではない」ということです。

僕の残業時間は100時間を超える程の残業時間ではありませんでした。

しかし、上司が怖くて、上司のことを考えると心臓がバクバクして、夜、眠れない状態となり・・

しかも、辞めたいのに辞めさせてもらえないうえ、相変わらず、大量の仕事と責任を押しつけられる理不尽さのストレスもあり、「じゃあ、僕はどうすればいいの?一生、働きたくない会社で奴隷のように働くしかないの?」と追いつめられていき・・

この苦しさから逃れるためには、バックれるように辞めて「あいつは無責任に辞めやがった」と批判されるか、もしくは、自分が精神的に壊れてしまって、働けなくなるか・・

弁護士に相談して対立する形で、辞めるか・・

会社を辞めたいのに辞めさせてもらえない【弁護士に相談しろ】僕の経験談

どの選択肢も地獄であり、精神的に追いつめられていきました。

読者読者

病的な会社や上司ね


病的なやばい上司や、ブラック企業の特徴は、以下のとおりです。

頭のおかしい【やばい人の特徴】病的な人の対処法!うつ病になった僕の実体験

通勤ラッシュ中の会社員
過労死と言えば長時間労働のイメージがあり、だからこそ僕も、躊躇してしまっていた部分がありました。

しかし、長時間労働でなくても、人の精神は壊されてしまうことがあることを、身をもって知ることになりました。

この程度で、甘えている」というお叱りの意見もあるかと思います。

が、医師の診断は「うつ病で休職」であり、しかも、迷わず「あぁ、これもう、駄目なやつね」的に、迷わず診断されました。

その意味で、「この程度で、甘えている」と感想をもった自分自身に厳しいタイプの人は、ご自身が、追い込まれるまで働く過労死の危険性がある人、とも言えるのかもしれません。

どうか、お体をご自愛くださいませ。

過労死しないための働き方/生き方

モルディブ
僕が心療内科で「うつ病。休職しなさい」と診断されて、ほっと安心させて頂けた理由は、経済的な事情もありました。

僕は、20代の頃から、サイドビジネスに取組み、セミリタイア生活ができるよう10年かけて準備していたので、お金の心配がなかったのです。

30代早期セミリタイア条件【資産3000万円と共働き】20代を捨てた僕の話

読者読者

過労死しない働き方をするには、セミリタイア生活が最強ね


やばい職場だったし、僕には、まともな転職先なんてないので、必死に取り組み続けていました。

その意味では、うつ病により、会社で働けなくなることは【想定内】ですらありました。

やばい職場だったので、長く働けるとは思っていませんでした

「まさか」ではありましたが、地震など天災含む「まさか」は起きる確率が結構高い事柄なのです。

読者読者

備えあれば患いなしね


僕の人生ノート僕の人生ノート

セミリタイア生活では資産運用が重要になるよ


給与に代わる安定収入が資産運用であり、資産運用は経験値が大切になるので、早めに、経験値稼ぎのため着手するのがおすすめです。

おすすめの投資先含め資産運用の始め方については、以下の記事が詳しいです。

「初心者向け」少額で始める資産運用の方法【おすすめ運用先】稼げるよ

トライオートFX

まだ、ソーシャルレンディングと、システムトレードについて、きちんと調べたことない場合は、僕みたく食わず嫌いで機会損失しないために1度、確認してみるのがおすすめです。

ソーシャルレンディングとは?高利回りの仕組みやリスク【おすすめ会社も】

株/FXシストレとは?始め方【おすすめ会社や目安資金額】初めての初心者入門

運用資金作りで重要な収入の増やし方には、転職はもちろん、副業や投資、資産運用が効果的であり、以下の記事が詳しいです。

毎月5~10万円を稼ぐ僕の方法【副業/投資】編!随時更新

資産運用の始め方!最初はソーシャルレンディングがおすすめな理由

転職エージェントおすすめ比較ランキング【20~30代男女編】口コミや評判も

【既卒/第2新卒】就職エージェント比較ランキング!おすすめは?

なお、最新の【株/FXの取引】を、僕の資産運用ノートや、ツイッターで公開中です!

ツイッター内で「僕のノート」で検索すると出てきます。

ブログ僕の資産運用ノートでは、カテゴリー内にある【取引記録】に最新結果があります。

ユーチューブでも、やっています!

ユーチューブ内で「僕のノート」で検索すると出てきます。


スポンサードリンク


よく読まれている記事

【人気】 辛い日々から【毎日楽しい】に僕の人生が変わった道のり全公開!人生の宿題とは

【人気】 はじめに【僕の人生ノート】のブログの説明です!

僕の人生ノート
【僕のノートシリーズ】は、僕がノートに書き込んできた「学校では教わらない大切なこと」をシェアさせて頂いているブログです。